跳ね上げ?アコーディオン?ガレージ門扉の種類や特徴

  • 2020.10.30

ガレージ門扉の種類と特徴をご紹介

ガレージ門扉でスタイリッシュなガレージライフを演出

前回、こちらのコラムで「カーポートをガレージ化・車庫化するオススメポイント」をご紹介しました。
今回は、屋内式ガレージの設置はちょっと難しいというお客様に向けて、代表的な2タイプの「ガレージ門扉」をご紹介します。

おそらく「ガレージ門扉」と言われても、あまり耳にしないワードかと思いますが、比較的、街中でも目にするエクステリアでは定番の商品です。具体的にはお車を停めている駐車スペースの入口部に設置されているアコーディオン式の伸縮門扉や、跳ね上げ式門扉の事を主に指します。カーポートと組み合わせての設置も可能で、防犯面にも優れたエクステリア商品ですので、ご検討中の方は是非このコラムを事前に読んで頂く事をおすすめします。

 

伸縮式門扉 アルシャインⅡ 片開き

アコーディオンタイプの伸縮ゲートで防犯面もしっかりカバー

まず初めに、アコーディオン(蛇腹式)タイプの伸縮門扉をご紹介します。こちらの門扉は、読んで字の如く、蛇腹状に伸縮するガレージ門扉になります。こちらのタイプはガレージ門扉としての使用はもちろんの事、広い間口のお庭や私有地への侵入防犯対策としても人気がある商品です。主に、片開き、両開き、親子開きタイプの3種類があり、設置スペースのサイズや使用方法を考慮して選択する必要があります。間口が狭い場合には片開き、2台以上の駐車場なら両開き、人や自転車の出入りのときに少しだけ開きたいなら親子開き、というような使用用途に合わせてお選びください。サイズやカラーバリエーションが多く、幅広い場所に設置が可能な事も人気の一つで、ゲートに小さなキャスターがついており、そのキャスターを転がしながら開閉しますので、女性やお子様でも簡単に開閉作業ができる事も特徴です。しっかりと施錠もできるので、防犯面でも高い効果を発揮します。また、開放時に折りたたんだゲートを最大180度回転させて収納できるタイプもありますので、お車の出し入れもスムーズに行えます。直線状だけでなく、2つのゲートを組み合わせる事で角地にもご利用頂ける商品もございます。価格はサイズやタイプにより異なりますが、比較的リーズナブルな費用で設置できる事も人気の1つになっています。今回は、このタイプの中でも人気のある「LIXIL」「アルシャインⅡ」片開きタイプの設置費用例と、設置の際に注意すべきポイントをいくつかご紹介しますので、是非参考にしてください。

 

【伸縮式ガレージ門扉の設置費用例】

  • メーカー:LIXIL
  • 商品名:「アルシャインⅡ」 H型 Aタイプ ノンレール片開き
  • サイズ:全幅 3,408mm × 高さ 1,250mm
  • 商品販売価格:147,968(税抜)※カタログ価格より32%OFFの当社販売価格
  • 施工費:35,000円(税抜)※標準工事費(設置場所等により異なります)

 計182,968円(税抜)

※別途諸費用5〜7%がかかります。
※設置場所/サイズ等によって価格は異なりますのでご注意ください。

 

【伸縮式ガレージ門扉をお選び頂く際の注意点】

  1. 設置箇所が土などの整地されていない場合や斜面になっている場合は取り付けできません。
  2. 商品の最大幅と設置する間口幅について専門的なサイズ出しが必要となりDIYでは注意が必要。
  3. 定期的なメンテナンスが必要になり、劣化により開閉しにくくなる可能性があります。
  4. 利用時に都度、開閉する必要がありお車の出し入れ時に少し面倒に感じます。

跳ね上げ式門扉 ワイドオーバードアS3型

跳ね上げ式ゲートでスタイリッシュなデザインに

次に、そのデザインと開閉時の動作が特徴的な跳ね上げ式門扉(アップゲート)をご紹介します。こちらは、前述の横方法に開く伸縮式タイプとは異なり、ゲートを上方向に跳ね上げて開閉するタイプとなります。見た目にも重厚感があり、何より高級感があるのが特徴です。各メーカから様々なデザインやカラーの商品が販売されており、お住まいのデザインとコーディネートしながら選ぶ事が可能です。お車の出し入れの際は、跳ね上げたゲート部を潜る事になるので、お車の高さには注意が必要となりますが、各メーカー共に、ハイルーフ車にも対応したタイプも販売してるので安心です。また、お車の中からリモコンで自動開閉できる便利な電動式タイプも多くラインナップされており、わざわざお車を降りずに開閉動作を行う事が可能です。今回はそのデザイン性の高さで人気の「LIXIL」「ワイドオーバードアS3型」 手動タイプの2台用サイズの設置費用例と、設置の際に注意すべきポイントをいくつかご紹介します。

【跳ね上げ式ガレージ門扉の設置費用例】

  • メーカー:LIXIL
  • 商品名:「ワイドオーバードアS3型」2台用 標準柱 手動タイプ  
  • サイズ:36-10型 開口幅 3,550mm × 本体高さ 1,000mm
  • 商品販売価格:223,146(税抜)※カタログ価格より37%OFFの当社販売価格
  • 施工費:60,000円(税抜)※標準工事費/残土処理・ハツリ含まず(設置場所等により異なります)

 計283,146円(税抜)

※別途諸費用5〜7%がかかります。
※設置場所/サイズ等によって価格は異なりますのでご注意ください。

 

【跳ね上げ式ガレージ門扉をお選び頂く際の注意点】

  1. 設置スペースにある程度の広さが必要になるので施工業者に事前に確認が必要になります。
  2. お車の車高長とゲート跳ね上げ時の高さに注意が必要です。
  3. 手動式の場合、女性やお子様の場合開閉動作が難しい場合があり、事故等にも注意が必要です。
  4. 設置費用が伸縮式タイプより高額になります。
  5. 電動式の場合は、別途電源の確保と電気工事が必要になります。

 

防犯性にも優れたガレージ門扉で

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「ガレージ門扉」について代表的な2タイプのご紹介をさせて頂きました。屋内式ガレージの設置は難しくても、今回ご紹介の両タイプと「カーポート」を組み合わせる事でも素敵なガレージを作り出す事が可能ですので是非ご検討ください。上記2種の他にも、引き戸タイプの門扉も多数取り添えていますので、ガレージ門扉の設置はSOTOHANにお任せください。大切なお車やを守り、防犯性にも優れた質の良いガレージ用エクステリア商品を経験豊富なプランナーがしっかりと現地を確認させて頂き、詳しい施工方法や、ご質問などにも丁寧にお伺いしながらお客様にご満足いただけるガレージプランをご提案させて頂きます。

 

問い合わせボタン

 

 

関連記事

  • エリア 拡大中
  • ご相談無料

contact

お問い合わせ

エクステリア・外構に関するご相談・現地調査・お見積りのご依頼、
まずはお気軽にお問い合わせください。

メールは24時間受付

ご相談・現地調査・お見積り

お電話でのご相談・ご依頼