エクステリアのおしゃれで機能的なオススメ「物置」

  • 2020.11.10

 

おしゃれなオススメ物置

おしゃれで機能面に優れたバリエーション豊富な「物置」

今回はお庭やベランダなどに設置可能な便利な「物置」についてご紹介していきます。普通に生活をしている中で、どうしても「物」は増えてきます。最近では「ミニマリスト」や「断捨離」など「物」を少なくする生活様式がブームになっていますが、中々、そういった生活スタイルにするのは難しいのが現実です。特に、アウトドアやスポーツ、DIYなどの趣味をお持ちの方や、ご家族の多い方の場合、自然と「物」は増えていきますし、簡単に捨てる事に悩む「物」もあるかと思います。そんなお悩みを解決するエクステリア商品が今回ご紹介する「物置」です。既にご利用中の方や、周りでもよく目にする商品ですが、最近では、デザイン性や機能性にも優れた様々な「物置」がでてきていますので、本コラムでは、そんなオススメの「物置」についてご紹介していきますので、是非、参考にしてください。

 

デザイン性も高いサイズバリエーションが豊富な物置

おしゃれで機能性にも優れたオススメ「物置」

シンプルなデザインと機能面に優れたスタンダードタイプの「物置」

ひと昔前までは、「物置」というと、あまりデザイン性で選ぶというよりは、サイズや価格などで選ぶ事が多かった商品ですが、最近では、各メーカーが機能性はもちろんの事、デザイン性も高い商品を多く販売していますので、お住まいとのコーディネートも考慮してお選び頂く方も多くなってきています。もちろん、見た目だけでなく、普段から入れておく物を想定したサイズ選びが重要なポイントとなりますので、ご検討の際は、よく考えて購入するようにしてください。ここでは、SOTOHANがオススメするシンプル且つ機能性も高い「物置」を2つご紹介します。

 

シンプルで機能性の高いイナバ物置「シンプリー」

  • メーカー:イナバ物置
  • 商品名:「シンプリー」
  • 本体カラー:ミストグレー
  • 扉カラー:プレミアムグレー / リーフグリーン / フレンドリーホワイト / アンティークローズ / ティンバーブラウン / ファインシルバー / アクアブルー

こちらの「シンプリー」の特徴は名前の通り、「物置」としての基本性能と、豊富なサイズバリエーションが特徴です。価格もリーズナブルで、扉カラーも多数から選べるので、殺風景になりがちなお庭のアクセントにもなるオススメの「物置」です。内部の棚板の高さ調整も可能で、アジャストペースで多少の傾斜地でも水平性を保った状態で設置が可能です。換気性もよく、ロック機能ももちろん装備されているので、防犯面でも安心です。荷物が多い場合や、設置スペースに余裕がある方であれば、同サイズのタイプを扉カラー違いで並べて設置するのもおしゃれでオススメな設置方法です。また、皆さんご存知の「イナバ物置」製なので品質が良く長く安心してお使い頂ける事もポイントです。

 

デザイン性が高く機能も充実なTAKUBO「グランプレステージジャンプ」

  • メーカー:TAKUBO
  • 商品名:「グランプレステージ ジャンプ」
  • 本体カラー:ムーンホワイト
  • 扉カラー:ムーンホワイト / カーボンブラウン / トロピカルオレンジ / シルクホワイト / ディープブルー

 

こちらの「グランプレステージ ジャンプ」も前述のイナバ物置の「シンプリー」同様に多彩なカラーバリエーションとサイズ展開が特徴的なデザイン性に優れた「物置」です。こちらのモデルの方が、落ち着いた高級感のあるカラーが多い印象です。サイズ展開も幅広く、スキーやスノーボードなどの長物収納が可能なサイズもありますので、用途に合わせてお選び頂く事が可能です。組み立ても比較的簡単にできるので、DIY感覚でご自身で設置する事も可能です。物置内の調整棚も自由にレイアウトが可能で、アルミフックも付属している点もポイントです。また、こちらの商品はTAKUBO独自の吊り戸方式を採用しており、扉の開閉も静かに滑らな開閉動作が可能です。もちろん、ロック機能もついていますので、防犯面でも安心してご使用頂けます。

 

 

 

物置を設置する際のポイント

「物置」の設置方法と注意するポイント

しっかりとサイズ確認

「物置」を設置する際は、必ず、事前に「物置」のサイズが設置場所に収まる事をよく確認してください。幅と高さはもちろんですが、奥行きも忘れずに調べておきましょう。店頭やカタログなどで見る印象より、実際にお庭などに設置した際、想像より大きく感じる事があるので、狭いスペースに設置する際は、注意が必要です。また、「物置」への物の出し入れがしやすいように、扉の前にはある程度のスペースを確保しておく事がポイントです。

自分で設置?業者に頼んで設置?

エクステリア商品の中でも「物置」は比較的、組み立ても簡単なので、自分で設置する事も可能ですが、サイズの大きいタイプの場合は、必ず大人2人以上で設置するようにしてください。重量も意外とありますので、DIYなどに慣れていない方や、女性の方は専門業者に設置を依頼する方がいいでしょう。特に、設置場所は狭い場合や、傾斜がある場所などは、専門業者に依頼する方が失敗もなく安心してご使用頂けます。もちろんSOTOHANでも安全・正確に「物置」を設置させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

定期的なメンテナンスも忘れずに

最近の「物置」は素材などにも工夫がされているので、昔の物と比べれば耐久性も高く、長く安全にご使用頂けますが、屋外に設置する事がほとんどだと思いますので、定期的なメンテナンスはしっかりとするようにしてください。特に、扉周りは長年使用していると開閉動作がスムーズにできなくなる事が多い箇所ですので、定期的に掃除などをした方がいいでしょう。

まとめ

今回は、「物置」についてのオススメ情報をご紹介させて頂きました。家族が増えたり、アウトドアやスポーツをされる方はどうしても物が多くなります。「家の中に置いておくのはちょっと。。。」というような物も「物置」を設置する事で解決する事ができる便利なエクステリア商品です。デザインやサイズも様々なバリエーションからお選び頂く事が可能で、価格もリーズナブルな物も多数ございます。SOTOHANではホームページに掲載のない商品もお取り扱いが可能です。お客様の要望に沿った最適な「物置」をご提案させて頂きますので、ご検討の際は、是非お気軽にお問い合わせください。

 

問い合わせボタン

関連記事

  • エリア 拡大中
  • ご相談無料

contact

お問い合わせ

エクステリア・外構に関するご相談・現地調査・お見積りのご依頼、
まずはお気軽にお問い合わせください。

メールは24時間受付

ご相談・現地調査・お見積り

お電話でのご相談・ご依頼